駐車禁止ってどんな時なのか

駐車禁止ってどんな時なのか

駐車禁止という場所があり、そこに駐車すると駐車違反となります。
駐車禁止ってどんな場所でどんな時に違反になるのでしょうか。

教習所で駐車と停車というのを習ったと思います。
駐車とは、運転者が車から離れていてすぐに運転が出来ない状態、運転者がいても客待ち荷物待ちで継続的に停車すること、5分を越える荷物の積み下ろし、故障などの状態を駐車といいます。
一方で停車とは、車から運転者が離れていない状態、運転者が車から離れていてもすぐに運転できる状態、人の乗り降り、5分以内の荷物の積み下ろしなどの状態です。

また駐車禁止の場所があります。
駐車禁止の標識のある場所、消防用機械器具置場や消防用防火槽の側端または出入口から半径5メートル以内、消火栓や指定消防水利の標識等から半径5メートル以内などです。

駐車禁止の場所に駐車すると、他のドライバーや歩行者に迷惑がかかります。
狭い道路で交通量がある道路なら渋滞の原因になります。
とても狭い道路に駐車してしまうと、他の車が追い越しや行き違いで出来なくなってしまいます。
緊急車両が通れなくなった場合だと、大惨事になることが予想されます。

停車でなく駐車をする時は、しかるべき場所にきちんと駐車をするように心掛けてゆきたいものですね。

https://jitaku-chushajo055.net/